サンディスク、「Sansa c200」シリーズのデジタルオーディオプレーヤーを6月21日に発売・パソコン・周辺機器・デジカメ・薄型テレビ・液晶テレビなど新しく発売される話題の新型家電がどんな性能を持っているのかチェックする。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンディスク、「Sansa c200」シリーズのデジタルオーディオプレーヤーを6月21日に発売


サンディスクは、フラッシュメモリータイプのデジタルオーディオプレーヤー「Sansa c200」シリーズを6月21日に発売する。メモリ容量2GBモデル「Sansa c250」と、1GBモデル「Sansa c240」というラインアップ。いずれも価格はオープンで、予想実売価格はc250が11,000円前後、c240が8,000円前後。

Sansa c240が値段的に手ごろだな。

同シリーズは、解像度128×98ピクセルの1.4型LCDディスプレイを搭載するデジタルオーディオプレーヤー。本体にフラッシュメモリを内蔵するほか、microSDカードスロットを搭載しており、メモリ容量の拡張をサポートする。再生フォーマットはMP3/WMA形式およびDRM付きWMAに対応。JPEG画像を表示することもできる。そのほか、20局までプリセットが可能なFMラジオや、ワンプッシュで録音を開始できるボイスレコーダー機能も搭載する。電源は交換可能なリチウムイオン電池で、連続再生時間は約15時間。

液晶もカラーが当たり前になってきてる、「Sansa c200」シリーズは動画再生機能はないが
お気に入りの写真などを表示するためにある感じ。

メモリはc250が2GBでc240が1GBとあまり大容量ではないがmicroSDカードスロットがある
のであまり気にはならない、microSDもかなり値段が下がってきてるかね。


(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。