KDDI、薄さ18mmの高画質ワンセグ端末「W53T」・パソコン・周辺機器・デジカメ・薄型テレビ・液晶テレビなど新しく発売される話題の新型家電がどんな性能を持っているのかチェックする。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KDDI、薄さ18mmの高画質ワンセグ端末「W53T」


KDDIは6月14日、携帯電話ブランド「au」で、ワンセグ対応モデルながら厚さ約18mmとスリムな東芝製端末「W53T」を同日から順次発売すると発表した。

約18.0mmの回転2軸ボディに、約2.8インチワイドQVGA液晶を搭載。液晶ディスプレイには、光の乱反射を抑え、自然光の下でも見やすいクリアスクリーンを採用。東芝のAVノートPC「Qosmio」や、液晶テレビ「REGZA」の高画質技術を活かし、人間が記憶の中で思い起こす「記憶色」に基づいたチューニングも施した。

ケータイの液晶をこんなに高画質化してどうすんだ!

ワンセグは、液晶画面を回転させて閉じるだけで起動し、簡単に視聴可能。本体のメモリやmicroSDカードに録画や予約録画もできる。充電しながらであれば、2GBのmicroSDカードに約10時間の録画が可能。録画中の通話やメールの着信にも対応する。

こんなに録画機能が充実してしまうと映画などの大画面で絶対観たいと思うもの以外は、この
「W53T」があればすべて事足りてしまうのではないのか。

(引用:ライブドアニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。