ソフトバンクモバイル、スライドケータイ「810P」とスリムワンセグ「805SC」を16日より発売・パソコン・周辺機器・デジカメ・薄型テレビ・液晶テレビなど新しく発売される話題の新型家電がどんな性能を持っているのかチェックする。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトバンクモバイル、スライドケータイ「810P」とスリムワンセグ「805SC」を16日より発売


ソフトバンクモバイルは6月14日、フラットスライドスタイルの端末「SoftBank 810P」とスライド式のワンセグ視聴機能つき端末「SoftBank 805SC」を6月16日に全国で一斉発売することを発表した。

折りたたみ式が幅を利かせる最近のケータイだけどスライド式は結構前からあるようだけど
いまいち広まってないみたいだが、今回の2機種はどうなんだろう。

SoftBank 810Pはパナソニックコミュニケーションズ製の端末だ。液晶部分がスライドする仕組みながらダイヤルボタン部分との段差が少なくなるフラットスライド機構を採用するほか、PCサイトブラウザをはじめとする3Gサービスにも対応した端末だ。ディスプレイは2.4インチのQVGA、メインカメラは有効画素数200万画素。カラーバリエーションはターコイズ、ホワイト、ブロンズ、ブラック、レッド、ピンク、ブルーの7色だ。

SoftBank 810Pはフラットスライドがポイントか?段差が気になる、使いにくいなどのユーザーからの声があったのかな?1機種で7色とはなんだかすごいなこれだけ色の種類があると絶対全然売れない色ってでてきそう。

一方、SoftBank 805SCはSamsung電子製の端末だ。約13.5mmの薄型デザインを採用し、ワンセグ視聴機能を搭載するほか、Bluetooth通信や3Gハイスピードにも対応している。ディスプレイは2.12インチのQVGAで、メインカメラは有効画素数200万画素。カラーバリエーションはホワイト、ターコイズブルー、ローズ、ラベンダーの4色となっている。

SoftBank 805SC、こちらはワンセグを視聴できることと、スライド機構でも薄型にしたことが
特徴かな。

(引用:CNET Japan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。