ソーテック、HDMI端子搭載の22型ワイド液晶ディスプレイ・パソコン・周辺機器・デジカメ・薄型テレビ・液晶テレビなど新しく発売される話題の新型家電がどんな性能を持っているのかチェックする。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーテック、HDMI端子搭載の22型ワイド液晶ディスプレイ


ソーテックは23日、HDMI端子を搭載した22型ワイド液晶ディスプレイ「LB22JW-02」を発表。同社直販サイトでの販売価格は49,800円。本日、受注を開始し、5月25日から順次出荷する。

LB22JW-02は、Windows Vistaプレミアムロゴを取得した22型ワイドディスプレイ。アナログ入力端子に加えてHDMI端子を搭載し、付属のケーブルでHDMI端子搭載機器と接続が可能。ハイビジョン映像や家庭用ゲームなどを、HD画質で楽しめる。1,680×1,050ピクセルという高解像度の22型ワイドパネルを採用し、ホームエンターテイメントからDTP、CADなどの業務用途にも最適だとしている。

 また、色再現性の国際規格「sRGB」に対応。デジタルカメラやプリンターなど、sRGB対応機器との色合わせがしやすく、原画像を忠実に再現するという。

 表示色は約1,670万色。応答速度は5m/秒。輝度は300cd/m2。コントラスト比は1,000:1。視野角は上下80度/左右85度。本体サイズは幅518×高さ430×奥行き216mm。重さは6kg。

テレビとモニタとの共用で使うにはチューナー付いてないのでちと無理かな。ネットで使うだけ
ではもったいないような代物だ。

(引用:ライブドアニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。