松下電器産業コンパクトカメラ「LUMIX」シリーズの新製品「DMC-FX100」・パソコン・周辺機器・デジカメ・薄型テレビ・液晶テレビなど新しく発売される話題の新型家電がどんな性能を持っているのかチェックする。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松下電器産業コンパクトカメラ「LUMIX」シリーズの新製品「DMC-FX100」


松下電器産業は5月22日、コンパクトカメラ“LUMIX”シリーズの新製品「DMC-FX100」を発表した。6月中旬より発売予定で、価格はオープン。市場予想価格は4万8000円前後。

新製品は昨年7月に発表した「DMC-FX50」の上位モデル。従来の1/2.5インチCCDから、新開発の1/1.72インチCCDを搭載し、1220万画素にまで高画素化した。2.5インチ20.7万画素の液晶モニターを備える。レンズは光学3.6倍ズーム(35ミリフィルム換算で28~100ミリ)のライカDCバリオ・エルマリートで、手ブレ補正ジャイロを搭載する。

 カラーは「ブレードシルバー」「エスプリブラック」「ミラージュゴールド」の3色を用意した。「デザインにもこだわり、違いのわかる大人のカメラに仕上げた。レンズが伸びた状態でも美しいフォルムを保つ」(同社)。

 画像処理エンジンは「ヴィーナスエンジンIII」を搭載する。被写体の動きを認識してISO感度を自動的に調節するインテリジェントISO感度コントロール機能に加え、従来のISO3200で固定されていた高感度モードを、ISO1600から6400の間で自動設定する「新・高感度モード」に進化させ、手ブレ補正機能を高めた。また、「高速連写モード」では、最大8コマ/秒(写真は2メガ記録)の連写が可能だ。

携帯電話のカメラ機能が充実しているので携帯カメラ以上の性能を見せないとこれから売り上げを伸ばすのは難しそう。

(引用:ライブドアニュース

Copyright © 新着家電続々登場 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。