ソニー、世界初となる1,210万画素CCD搭載のデジカメ「DSC-W200」を発表・パソコン・周辺機器・デジカメ・薄型テレビ・液晶テレビなど新しく発売される話題の新型家電がどんな性能を持っているのかチェックする。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソニー、世界初となる1,210万画素CCD搭載のデジカメ「DSC-W200」を発表


ソニーは14日、デジタルカメラ「サイバーショット」の新モデルとして、有効1,210万画素CCDを搭載する「DSC-W200」を発表。6月1日発売。価格はオープンで、予想実売価格は50,000円。

DSC-W200は、サイバーショット「Wシリーズ」の最上位機種にあたる。新開発の有効1,210万画素1/1.7型Super HAD CCDを搭載。民生用のレンズ一体型デジタルカメラで、1,210万画素CCDの搭載は世界初だという(同社調べ、07年5月14日現在)。スマートズームを搭載するため、最大画素サイズで撮影した画像をトリミングして、約18倍まで拡大することが可能だ。

 また、光学式手ブレ補正機能を搭載。シャッターボタンを半押しした瞬間にシフトレンズが作動する「撮影時モード」と、常にシフトレンズが動いている「常時モード」の2モードが用意されている。被写体ブレを防ぐ機能としては、新しく「EX高感度モード」を採用している。最大でISO6,400までの高感度撮影が可能。さらに感度を上げると発生しやすくなるノイズを抑える、同社独自の信号処理技術「クリアRAW NR」を搭載している。

 そのほか、ハイビジョン静止画出力に対応するため、撮影した写真をハイビジョン画質(1,920×1,080ピクセル)で同社の「BRAVIA」などのハイビジョンテレビに映し出すことができる。音楽付きスライドショーを楽しめる機能「音フォト」や、画像処理エンジン「BIONZ」による顔検出機能「顔キメ」を搭載している。

 レンズはカールツァイス「バリオ・テッサー」で光学3倍ズーム。開放F値はF2.8~5.5、焦点距離は35mm判換算で35~105mm。液晶ディスプレイは2.5型TFTLCDを搭載。約31MBの記録メモリを本体に内蔵。対応する記録媒体はメモリースティック(DUO/PRO DUO)。本体サイズは幅91×高さ58.5×奥行き27.3mm。重さは142g。リチャージャブルバッテリーパック「NP-BG1」、バッテリーチャージャーなどが付属する。

こんな高機能なデジタルカメラがどうして50,000円で売られるのか不思議。一眼レフカメラ
まではいらないけどちょっといいデジカメがほしいならこいつは候補の一つにはいるだろうな。
ただしメモリースティックなのでxDやSDの大容量を持っているならちょっと考えてしまうけど。

(引用:ライブドアニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。