HPの夏モデル「Santa Rosa」と「Shizuku」・パソコン・周辺機器・デジカメ・薄型テレビ・液晶テレビなど新しく発売される話題の新型家電がどんな性能を持っているのかチェックする。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HPの夏モデル「Santa Rosa」と「Shizuku」


日本HPは5月10日、個人向けノートPCの新モデル「dv6500/CT」を発売する。注目は新デザインの「Shizuku」と新プラットフォーム「Santa Rosa」の採用だ。

今回投入された「HP Pavilion Notebook PC dv6500/CT」は、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)の個人向けノートPCにおいてメインストリームに位置付けられる製品で、15.4インチのワイド液晶ディスプレイ(1280×800ドット)を搭載したインテルプラットフォーム機「dv6200/CT」の後継モデルに当たる。1モデルでの展開となるが、従来通り同社の直販サイト「HP Directplus」での仕様変更が可能だ。なお、AMDプラットフォーム機の「dv6205/CT」は継続して販売される。

 最大の特徴は、インテルから発表されたばかりの次世代プラットフォーム「Santa Rosa(開発コード名)」を採用したことだ。チップセットは統合型のIntel GM965 Expressを搭載し、CPUにはFSB 800MHz対応のCore 2 Duo T7300(2.0GHz/L2キャッシュ4Mバイト)と同T7100(1.8GHz/L2キャッシュ2Mバイト)が用意されている。無線LANはIEEE 802.11nをサポートした「Intel Wireless Link 4965AGN」(開発コード名:Kedron)ではなく、IEEE802.11a/g/b対応の「PRO/Wireless 3945ABG」+Bluetooth 2.0を内蔵する。

もうノートPCとは思えない性能だけど、やっぱりノートPCと思えるのは無線接続が充実してい
る点だね。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070510-00000037-zdn_pc-sci

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。