異常な数値のフルHD対応プラズマテレビがパイオニアから登場・パソコン・周辺機器・デジカメ・薄型テレビ・液晶テレビなど新しく発売される話題の新型家電がどんな性能を持っているのかチェックする。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異常な数値のフルHD対応プラズマテレビがパイオニアから登場


パイオニアのヨーロッパ向けページによると、コントラスト比20000:1という、とんでもない高画質のフルハイビジョン対応プラズマテレビが9月に発売されるとのこと。また、それに先駆けて6月からコントラスト比16000:1のプラズマテレビも発売されるそうです。

ちなみに液晶テレビの場合、シャープの最新モデルでもコントラスト比3000:1だそうなので、20000:1というのがどれだけとんでもない数字であるのかが分かります。

新しく発売される予定のプラズマテレビは、以前のモデルよりも黒の表現力を80%向上させたモデルとなっており、ラインナップはフルHD(解像度1920×1080)対応でコントラスト比20000:1、60インチと50インチのモデルが9月に発売予定。

そしてそれに先駆けて、XGA(1365×768または1024×768)対応でコントラスト比16000:1、50インチと42インチのモデルが6月に発売予定となっております。

液晶テレビが速い動きが苦手と言われていたが最近克服してきたのにこの異常なコントラスト
比に対抗する術はあるのだろうか、このいかんともしがたいコントラストの差は埋められるのか
今後の展開が気になるな。

(引用:ライブドアニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。