シャープ、ノートPC「Mebius」の15.4型ワイド液晶モデルをリニューアル・パソコン・周辺機器・デジカメ・薄型テレビ・液晶テレビなど新しく発売される話題の新型家電がどんな性能を持っているのかチェックする。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャープ、ノートPC「Mebius」の15.4型ワイド液晶モデルをリニューアル


シャープは20日、15.4型ワイドピュアクリーン液晶と、独立テンキー搭載のノートPC「Mebius」WT/WEシリーズをリニューアルし、Windows Vista Home Premium搭載など3モデルを発表。

 今回発表されたのは「PC-WT70T」「PC-WE50T」「PC-WE40T」の3機種で、OSやCPUがアップグレードされた。

「PC-WT70T」の前モデルの「PC-WT70S」はOSにWindows Vista Home Basicを採用していたが、PC-WT70TはWindows Vista Home Premiumを採用。Office PowerPoint 2007などもプレインストール。CPUはTurion 64 X2 TL-52、メモリはDDR2-SDRAM 1GB(最大2GB)、HDDは100GB、光学ドライブはDVD±R 2層書き込み対応DVDスーパーマルチドライブ、インターフェースとしてUSB2.0×4、ミニD-Sub15ピンなどを備える。本体サイズは幅360×高さ36.7×奥行き258mmで、重さは約2.6kg。5月中旬発売予定で、予想実売価格は190,000円。

Vista Home Premiumは一昔前のノートPCぐらいの価格になるほどPC自体を高スペックに
しないとだめなんだと再認識させられる。

「PC-WE50T」「PC-WE40T」の前モデルの「PC-WE50S」「PC-WE40S」はCPUにSempron 3200+を搭載していたが、PC-WE50T、PC-WE40TはSempron 3400+を搭載。両モデルともにOSはWindows Vista Home Basic、メモリはDDR2-SDRAM 512MB(最大2GB)、HDDは80GB。PC-WE50TはOffice Personal 2007を搭載する。光学ドライブ、インターフェース、本体サイズ、重さなどはPC-WT70Tと同じだ。両モデル4月下旬発売予定で、予想実売価格はPC-WE50Tが140,000円、PC-WE40Tが120,000円。

XPのころは低価格のノートPCが10万円を切るぐらいのものもでてきていたが、シャープという
メーカー製品だしこの予想実売価格は結構安いかも。Vista Home Basicは「Aero」が使用
できないから高スペックをPCに要求しないのでノートPCならこちらでもいいのかな。

(引用:ライブドアニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。